治療開始時期の目安


 3〜5歳
 6〜7歳
 8〜9歳
 10〜11歳
 12〜17歳
 18〜50歳
 50歳以上


年齢

主な症状

対処法

3〜5歳

前歯だけ反対咬合

乳歯の前歯が永久歯に生え変わる際に、自然に治る場合もありますから様子を見ます。
もし永久歯の上下の前歯が1〜2本生え変った時に同じように反対咬合であれば受診する。

前歯だけでなく左右どちらか一方の奥歯も反対咬合。
顎が左右どちらかに曲がって見える。
上下の前歯の中心線が2ミリ以上ズレている。

自然に治ることはほとんどありませんので、この時期でも早めに受診が必要です。
そのままにしておくと、顎が曲がって発育していきますので要注意です。

前歯が出っ歯。噛んだとき、上下の前歯が合わさらない(隙間がある)。

指しゃぶりの原因が多いですから、5歳をめどに完全に止めるようにして下さい。この時期までに止めれば出っ歯は自然に治っていくことがあります。
もし永久歯の上下の前歯が1〜2本生え変った時点で治らない場合は他の原因が考えられますので受診が必要です。

噛んだときの前歯の状態で、上の前歯に下の前歯が隠れてほとんど見えない。

保健所の3歳児検診でもよく見逃されてしまう症状です。前歯の咬み合わせが深いため、特に下顎の発育が悪くなり将来、永久歯がデコボコになる場合があります。
永久歯の上下の前歯が1〜2本生え変った時点で異常があれば受診が必要です。

ところどころの乳歯の間に隙間がある。

これは異常ではなく正常です。将来生えてくる永久歯は乳歯より大きいので正常と言えます。
ただし上の真ん中の前歯だけ隙間がある場合は、小帯(しょうたい)の位置異常が考えられますので永久歯の上の前歯が左右で合計4本生え変った時点でまだ隙間があれば受診が必要です

乳歯がデコボコしている。重なっている。

現時点ですでに顎が狭い(小さい)と思われます。永久歯は乳歯よりサイズが大きいですから、将来デコボコした歯並びになる可能性が高くなります。
永久歯の上下の前歯が1〜2本生え変った時点で異常があれば受診が必要です

▲このページのトップへ >閉じる<

年齢

主な症状

対処法

6〜7歳

前歯が反対咬合(下の前歯は永久歯で上の前歯はまだ乳歯の場合)

上の前歯が永久歯に生え変わる時に、自然に治る場合もありますので様子を見ます。
上の1番目の永久歯が生えた時点でやはり反対咬合の場合、以下に該当する項目を参照。

前歯が反対咬合(下の前歯4本と上の1番目の前歯が永久歯。この咬み合わせが反対咬合の場合)

自然に治る場合と治らない場合がありますから様子を見ます。もし自然に治らないケースで、この時点で上の1番目の前歯の反対咬合を治したとしても、次に生えてくる上の2番目の永久歯がやはり反対咬合になる可能性があります。そうなると治療期間が長くなり小学校低学年のお子様には負担になります。
2番目の永久歯が出て来るまで様子を見ます。この時期まで待って自然に治らない場合は受診します。

下の前歯で中心から2番目の永久歯が内側に生えてきた(デコボコした下の前歯)。

よく相談を受けるケースです。これも自然に治る場合と治らない場合がありますので様子を見ます。
よくこの状態で「内側に生えてきた2番目の永久歯のもう1本奥にある乳歯(乳犬歯)を抜けば自然にデコボコが治ります」という説明のもとに乳歯を抜歯されることがあります。しかしこれは大変な間違いです。
確かに奥の乳歯を抜けばそこに隙間が出来ますから内側に生えてきた2番目の永久歯はある程度外側に動くかもしれません。しかし次に出てくる3番目の永久歯(犬歯)はどうなるのでしょうか?本来出てくる場所(隙間)は手前の歯に占領されてしまいますから、出る場所がなく外側に飛び出す(八重歯になる)しかありません。
日本全国よく見かける悪いケースです。私の言う「自然に治る場合」とは、子供ですから歯の土台となる顎が成長し(広がり)隙間が出来ることにより、内側に生えてきた2番目の歯が舌に押され外側に動き治るケースです。
乳歯もきちんとした存在価値があります。必要以上に早く抜くと逆に自然の顎の発育を妨げてしまい逆効果になります。
さて様子を見るのは下の3番目の犬歯が生え変わるまでです。この時点でデコボコが自然に治らない場合は受診が必要です。

上の歯で左右の1番目の永久歯の間に2ミリ以上の隙間がある。(2番目の永久歯はまだ出ていない)

・自然に治る場合と治らない場合があります。
 2番目の永久歯が出てくる時に自然に治る場合がありますので、それまで様子を見ます。しかしこの時点で治らなければ、小帯(しょうたい)の位置異常や過剰歯などの原因が考えられますので受診します

▲このページのトップへ >閉じる<

年齢

主な症状

対処法

8〜9歳

上の前歯で中心から2番目の永久歯が内側に生えてきた(デコボコした上の前歯)。

少し反対咬合になっている。

下の2番目の前歯が内側に生えてきた場合と違い、自然に治るケースは少ないです。
顎の大きさと歯のサイズのバランスが合わないことが多くの原因です。
下の前歯を見て中心から3番目の永久歯(犬歯)が生え変わっていたら受診の時期です。

前歯が反対咬合(下の前歯4本と上の前歯4本が反対咬合の場合)

自然に治る可能性はかなり低いので受診が必要です。この状態(反対咬合)で3〜4年放置すると下顎が異常に発育(長く)してしまい顔立ちにも悪影響を及ぼします(受け口,三日月顎)。

また家族や親戚で受け口(下顎が長い)の方が多い場合は遺伝の可能性もありますから要注意です。いずれにしても早めに受診する必要があります。

前歯が出っ歯(上の前歯4本が永久歯)。前歯が大きく見える。上と下の前歯が合わさらない。普段口があいてしまう。

狭い(小さい)顎に対して大きな永久歯がでてくると、顎から歯がはみ出してしまい出っ歯になっている場合が多く見受けられます。
自然によくなるケースは少ないですから早めの受診をおすすめします。鼻がよくつまり普段口呼吸が習慣になっている方は、顎の発育が悪くなります。
またこの時期に指しゃぶりや爪かみをやっているようでしたらすぐに止めさせて下さい(さらに悪くなります)。

▲このページのトップへ >閉じる<

年齢

主な症状

対処法

10〜11歳

奥の永久歯が内側あるいは外側に出てきた。

上の犬歯が外側にはみ出している(八重歯)。

全体的にデコボコの歯並び。(奥の乳歯がまだ数本残っている)

顎が狭くて(小さくて)、歯が収まりきらないためデコボコした歯並びになっていると思われます。
これから中学にかけて身長もどんどん伸びるし、狭い顎も広がっていくような気がしますが、残念ながら歯が収まる部分の顎の発育は小学校の6年生くらいで終了してしまいます。
これらのデコボコが解消されるほど大きくはならないのです。この状態のまま放置しておくとさらに悪くなる場合がほとんどです。ですからこの時期は矯正を始める最適な時期と言えます。
またこの時期に始めると歯を抜かなくて矯正ができる可能性が高いのです。

前歯がかなり出っ歯に見える。・普段口があいてしまう。

写真を撮る時、口を閉じると口元がコワばってしまう。

夜いびきをかく。

大きな原因として二つ考えられます。上顎が狭くて前歯がはみ出して出っ歯になっている場合と、下顎全体が小さくて上顎よりも引っ込んでいるため前歯だけ見れば出っ歯に見えてしまう場合です。
いずれの場合もさらに悪化していきますので受診が必要です。
矯正を始めるいい時期です。

前歯が反対咬合(奥の乳歯がまだ数本残っている)。

自然には治りませんので受診が必要です。
これから成長のピークが始まる時期ですから、放置すると下顎が異常な発育をしてしまい三日月顎になる危険性が大です。
特に男子より女子のほうが成長のピークの始まりが早いですから、すぐに受診しましょう。

顔が左右非対称に見える。

これはかみ合わせによる原因が多いですから、早めに受診してください。成長のピークが始まる時期ですから悪化していきます。
要注意です。

前歯にまだ乳歯が残っている。

この時期に前歯の乳歯が残っているのは何か異常があるからです。受診して原因を知ることが大切です。

前歯は永久歯だが、奥の乳歯が全部で10本くらい残っていて、なかなか永久歯が出てこない。

以前に虫歯がひどいなどの理由で、乳歯を早く抜いてしまった等がなくて、まだこれだけの数が残っている場合はこのまま1年くらい様子をみます。
正常に生えかわる可能性があります。ただしところどころの乳歯を以前に抜歯していて、現在多くの乳歯がまだ残っている場合は早めに受診して下さい。

親からみて今は悪くなさそうに思うが、今後の歯並びや咬み合わせがなんとなく不安

悪くなければ当然治療の必要はありませんので、確認の意味で受診されたらどうでしょうか。
この時期は普段よく見えない奥歯の永久歯が生えかわりますから、正常かどうかの説明も受けられます。

▲このページのトップへ >閉じる<

年齢

主な症状

対処法

12〜17歳

歯並びがデコボコ。
反対咬合。
歯がすりへっている。
出っ歯。
口が閉じにくい。
いびき。
ところどころに隙間がある。
顔が左右非対称

小学校の高学年の時代よりもさらに悪くなっていると思われます。
勿論この時期でもきれいに治りますが、大人になるに従い顎の骨が硬くなってきますので、歯を抜いて治療しなければならない可能性が高くなってきます。
学業や部活等で忙しい時期ですが歯も大切です。きれいな歯並びと笑顔で将来社会人となるために頑張って治療しましょう。

発音が悪い。
言葉を他人がよく聞き取れない。

ある種の不正咬合や舌小帯が原因で、正しい舌の動きができない場合によく見られます。
日本語では特に「タ行」と「サ行」の発音が不明瞭になります。英語の発音はさらに悪くなります。
矯正治療と舌のトレーニングが必要です。(特に舌のトレーニングは大切でマンツーマンで行っていきます)。

▲このページのトップへ >閉じる<

年齢

主な症状

対処法

18〜50歳

歯並びがデコボコ。
反対咬合。
歯がすりへっている。
出っ歯。
口が閉じにくい。
いびき。
ところどころに隙間がある。
顔が左右非対称。

子供の時代に比べ歯並びやかみ合わせが悪くなるスピードは遅いのですが、着実に悪くなっていきます。
また歯周病がはじまると一気に悪化することがあります。当院の技術では歯が20本以上残っていて、歯周病も軽度(歯を支える骨があまり痩せていない)の方であれば子供発音が悪い。言葉を他人がよく聞き取れない。と変わりなく治療が可能です。ただし歯の動きが遅いので子供に比べ多少時間がかかります。
また症状によっては歯を抜いて治療する可能性が高くなります。(よくお受けする質問ですが、妊娠中の方は8ヶ月まで治療可能。出産前後の3ヶ月のみ治療を中断しています。全く問題ありません)。
また大人の場合、症状によっては簡単な外科手術も併用することがあります。このホームページは大人の方の治療例も多く掲載しておりますので参考にして下さい。

発音が悪い。
言葉を他人がよく聞取れない。

・ある種の不正咬合や舌小帯が原因で、正しい舌の動きができない場合によく見られます。
 日本語では特に「タ行」と「サ行」の発音が不明瞭になります。英語の発音はさらに悪くなります。
 矯正治療と舌のトレーニングが必要です。(特に舌のトレーニングは大切でマンツーマンで行っていきます)。

▲このページのトップへ >閉じる<

年齢

主な症状

対処法

50歳以上

歯並びがデコボコ。
反対咬合。
歯がすりへっている。
出っ歯。
口が閉じにくい。
いびき。
ところどころに隙間がある。

矯正治療で歯の動きから考えると、私は50歳からが中年だと思っています。
また現実問題として気力や体力もやや衰えてきますから、完璧な治療ではなくて短期間で最低限の治療をお薦めしております。
よく咬める。残っている歯を長持ちさせることに主眼を置いた治療をすすめています。

▲このページのトップへ >閉じる<