ご相談は…

治療の流れ

治療開始の目安

健康保険がきく治療

お役立ちリンク



Q1.

子供の矯正は何才で始めたらいいのですか?

Q2.

歯を抜かないと矯正はできないのですか?

Q3.

矯正の費用と治療期間はどれ位かかりますか?

Q4.

歯の裏側からの矯正はしていますか?

Q5.

矯正の治療中はずっ〜と痛いですか?

Q6.

矯正治療をはじめてから引っ越すかもしれないのですが…?

Q7.

矯正器具をつけたままスポーツをしたり、管楽器や木管楽器を吹くことができますか?

Q8.

子供が矯正を始めるのを嫌がっているのですが?

お悩みでしたら、先ずは、初診予約して、いろいろ相談してみませんか?


Q1.子供の矯正は何才で始めたらいいのですか?

A1.
小学生までのお子さんの場合はお口の中の状態によって開始時期は異なります。すぐに矯正治療を始めた方が良い場合と、経過観察(定期検診)をした後、最適な時期になってから始める場合があります。
このホームページでは幼児〜大人まで、矯正を始める時期について詳細に説明してあります。
※詳しくは「いつ頃始めたらいいの?」へ



Q2.歯を抜かないと矯正はできないのですか?

A2.
必ずしも抜歯するわけではありませんが、症状によっては抜歯しないと治らない場合もあります。当院では3D装置をはじめとする最新装置と技術により、抜歯しないで治るケースが非常に増えています(当院の特徴)。
なおどうしても抜歯が必要な患者さんで、一般的な方法では上下の歯を合計4本抜いて治療されるケースが2本だけ抜いて治療できるなど、抜歯の本数も少なくなりつつあります。
また同じ症状でも大人と子供では抜歯が必要となる比率が異なります。大人の場合は顎の成長や発育が終了し、歯を支える周りの骨も固くなっているので抜歯して治療する可能性がやや高くなります。
※詳しくは「最新の矯正治療」へ



Q3.矯正の費用と治療期間はどれ位かかりますか?

A3.
電話でよくお受けする質問ですが、一口に矯正と言っても患者さんの症状や年齢などにより使う器具も治療期間もかなり異なってきますので、一度診察を受けていただかないと正確にお伝えすることは出来ません。
しかし当院の治療費は国立の大学病院の料金設定に準じておりますのでご安心ください。また矯正はごく一部の症状の方を除き健康保険がききません。
このホームページでは治療例と費用、治療期間についても詳しく記載してありますので、だいたいの目安はお分かりいただけると思います。
※治療費については「治療費について」へ
※詳しくは「最新の矯正治療」へ



Q4.歯の裏側からの矯正はしていますか?

A4.
昔から多くの患者さんに行っています。当院で主に使用している装置は2種類ありますが、いずれも外側からは全く見えません。

1:当院の特徴である3D装置は、デコボコした歯並びを治していくのに大変効果があり治療の初期段階で多くの方に使います。ただしこの装置だけで全部は治せませんので、治療の後半はそれぞれの歯に付ける器械(歯の外側につける透明な器械か、2にあります歯の裏側につける器械)に変えていきます。

2:全部の歯の裏側にそれぞれ器械を付けていく方法です。外見からは全く目立たないという利点はありますが、歯の外側に付ける方法に比べて治療期間が長くかかる場合があります。また歯の裏側の器械が舌にぶつかりますので口内炎ができやすいなどの欠点もあります。よく先生と相談してから決めるべきです。
※詳しくは「最新の治療器具」へ



Q5.矯正の治療中はずっ〜と痛いですか?

A5.
来院後、約1週間で痛み(鈍痛)はなくなります。
…と言われても患者さんからすれば不安があると思います。実は私自身(先生)も26才の頃矯正の経験者です。また博士論文も「矯正治療に伴う歯の痛みをいかに軽減するか」についてですからから痛みについてはよく分かります。
痛みの感じ方には個人差がありますが、矯正は骨の中に収まっている歯を動かしていきますのである程度の痛みを伴います。
しかし治療期間中ずっーと痛いわけではありません。通院は月に一度ですが、その後3日間位は噛んだ時などに鈍い痛みを感じますので食事の時が一番困ります。
だいたい1週間位すると痛みはなくなってきます。
この鈍い痛みは治療が進むにつれてだんだん慣れてきますのでそれ程心配はありません。集中力を無くしたり、夜痛くて眠れないなどのことはありませんので、普段の学業や仕事にはほとんど支障ありません。
しかし大切な受験、就職活動、結婚、出産などの場合は念のため来院時期や治療の程度を調整しております。

歴史的にみるとアメリカではすでに第二次世界大戦の頃から多くの方が矯正治療を受けています。もし矯正による痛みが耐えられない程であれば、現在この種の治療は存在しないことになります。
痛みを伴うことは患者さんにとって大変なことですが、それ以上の治療結果(価値)があるからこそ現代に引き継がれ、さらに発展している治療分野であると考えています。



Q6.矯正治療をはじめてから引っ越すかもしれないのですが…?

A6.
私が所属しております多くの学会のネットワークを通じて、転居先でも安心して治療が継続できる全国の専門医を紹介しておりますので心配ありません。
また海外の場合でも専門医が存在する地域については同様に対処しております。



Q7.矯正器具をつけたままスポーツをしたり、管楽器や木管楽器を吹くことができますか?

A7.
ほとんど全てのスポーツや管楽器は問題ありませんが、ご心配の場合は一度ご相談下さい。

・特殊な例ですが当院の患者さんでボクシングや極真空手の選手がいます。試合の時は歯をガードする特別なマウスピースを使用していただくことがあります。

・一日5時間以上練習される場合は、矯正治療に影響する場合がありますので事前にご相談ください。



Q8.子供が矯正を始めるのを嫌がっているのですが?

A8.
子供にも子供なりの考え方がありますので、まず説明をすることが大切だと思います。
よく耳にする話ですが、お子様と同じクラスで矯正をしている友達から「痛いから止めたほうがいい」「器具がじゃまで食べにくい」「時間がかかる」…などのアドバイス(?)を受けることがあります。それを聞けば「矯正はいやだ!」となります。また周りに矯正をしている人がいなければ「どうして自分だけ」ということになります。辛い話ばかりでは気が進まないのも当然です。

1:それでも矯正を嫌がっている場合は?
お子様の年齢にもよりますが、どうしても嫌がっている場合は一年位始めるのをお待ち頂いた方がいいかもしれません。矯正は口の中に器具をはめますから、全く協力が得られないとうまく治りません。また歯みがきが不十分ですと虫歯になる可能性もあるからです。多少なりともご本人に意欲が出てくれば、始める時期だと思います。

2:矯正は子供への最高のプレゼントのひとつ。
当院で治療を終了した患者さんは、その結果に本当に喜んでくれます。時間がかかる治療なので大変なこともあったが、やはり「やってよかった!」と感想を述べてくれます。私は「よかったね。おめでとう!」の次に「親に感謝しなさいね!」と言います。
つまり親が矯正を始めるきっかけを作ってくれなかったら、このお子さんは一生歯で苦労するかもしれないからです。

3:アメリカでは日本の事情とまったく逆。
アメリカでは子供のクリスマスプレゼントに「矯正をしてあげる」というと、子供は大喜びなのです。その価値観が子供達にも芽生えているからです。
アメリカに住んでいらっしゃったり、長期間旅行された方はお気づきだと思いますが、多くの子供達があたり前のように矯正をしています。みんな矯正歯科の専門医院に通っています。(私の留学先で朝の7時頃からオープンする病院もありました。子供達は学校に行く前に治療を済ませるのです)。
本人達は治療が好きなのではなく「立派な社会人になるマナーのひとつ」だと考えているのです。国際化が加速する中、日本の子供達も頑張ってほしいものです!



初診は簡単な診察をした後、その患者さんに最も適した治療の開始時期や治療のアウトラインを説明します。その時にいろいろ疑問点を相談すれば一番安心で確実だと思います。
よくお受けする質問の中に、「初診で来院したら次からは器具をつけて治療を始めなければならないのですか?」といった内容があります。そんなことは絶対にありませんし、あり得ません。治療を始めるかを決める前に、まずきちんと検査を受けてよく説明をお聞きになる事が大切です。その後患者さんから希望がない限り治療を始めることはありません。

電話で初診(相談)の予約をお取り下さい。
TEL.045-841-0122
※平日は午後4時以降、土曜日は終日混み合います。 詳しく…

E-メールでのご質問
soudan@ps-yokohama.com
矯正のちょっとした疑問などお気軽にお送りください。なお、東京・神奈川県在住の方のみのご使用と限らせて頂きます。


Copyright(C) 2008 Katho Orthodontic Office. All Rihgts Reserved. Web Produced COM Creative 2