治療を始める時期

小学生までのお子様の場合、その最適時期は?

この年代の場合、矯正を始める最適な時期は「○○才の時が一番いい」とは残念ながら言えません。年齢ではなく「患者さんの症状により違う」ということになります。
なぜでしょうか?

一度何かの機会に同じ学年の子供さんを見比べてみて下さい。身長や体重が異なるように、同じ年齢でも歯の生え変わり(乳歯と永久歯の数)、歯の大きさや形、前歯の咬み合わせの状態…などが違うのに気づかれると思います。さらに横顔もよく見て下さい。顎の輪郭も様々で、口元の出っ張り感もかなり違っているはずです。
実はこれらの組み合わせが、お子様の歯並びや咬み合わせに深く関係していて、いろいろなタイプの不正咬合として現れるのです。
ですから年齢で考えるのではなく、症状(タイプ)別で始める時期を判断すべきです。

▲このページのトップへ >閉じる<

矯正を始める最適な時期を知るには?

一度来院され診察を受けることが一番確実です。
その際に、まだ矯正を始めるのに早過ぎる方は、年に1,2度定期検診にお越しいただき適切な時期がきましたらお知らせしております。
また症状が軽度の方は自然に治る場合もありますから、よく説明をお聞きください。

忙しくてなかなか来院できない方は
≪開始時期の目安一覧表(子供〜大人)≫を参照して下さい。
私の論文から抜粋したもので、症状別に矯正を開始する時期を分けてあります。一般向けに解説してありますので是非参考にして下さい。

▲このページのトップへ >閉じる<

小学校の低学年から始めた方がいい症状とは?

大まかに言えば小学校の高学年が矯正を始める最適な時期といえますが、
次の項目に該当する方は、低学年の内に一度受診されることをお薦めします。

・ 噛んだ状態で、上下の前歯が合わさらない(隙間がある)場合。
・ いつも口を開けている。鼻よりも口で呼吸してしまう。
・ 特に「サ行」や「タ行」の発音が不明瞭で、よく聴き取れない。
・ 周囲の人に比べ、歯のサイズが異常に大きい場合。
・ 乳歯の虫歯がひどく、早い時期に何本か抜歯した(特に奥歯の乳歯)。
・ 顔を正面から見て、顎が左右のどちらかに曲がって見える。
・ 横顔を見て下顎が長い、あるいは逆に下顎が短い場合。
・ 家系的に反対咬合や出っ歯の人が多い場合。
・ 夜「いびき」がひどい場合。

▲このページのトップへ >閉じる<

中学生、高校生〜大人の方へ

いつでも矯正治療は可能です。しかし学校のこと、部活のこと、習い事のこと、仕事のこと…いろいろ忙しくて大変だと思います。
矯正は治療期間が長くかかりますが、通院は月に一度ですからそれほど時間的な負担にはならないと思います。
しかし予約の日をうっかり忘れていたり、他の用ができて予約を度々変更していると治療が進みません。早く終りしかも最高の治療結果を出すためには、毎月頑張って通うことが大切です。必ずきれいに治ります。

▲このページのトップへ >閉じる<

治療が手遅れなんてことはありますか?

私は今までに子供から大人まで2,000人以上の患者さんを治療してきましたが、よく治療を始める前に「もう少し早く来ればよかったのですか」といった質問を受けることがあります。
その場合「何歳で矯正を始められても患者さんが納得されるレベルの治療は十分可能で、学問的にも正しい範囲内に仕上げることが出来ます」とお答えします。それほど心配はないのです。経験の未熟な修行時代は別として、私はこの患者さんは手遅れで、中途半端な治療結果しか期待できないと思って治療をした患者さんは一人もないからです。

▲このページのトップへ >閉じる<

大人の場合、何かディメリットはありますか?

大人の患者さんは最初かなり不安をお持ちになる様子です。私自身も26歳の時、2年半かけて矯正治療を受けた経験者ですからその気持ちはよく分かります。
現在アメリカでは、子供の時代に矯正ができなかった方が大人になり、どんどん矯正を始めています。十分治療が可能だからです。
あえて子供と比較してディメリットを挙げれば以下の2点だと思います。

1:大人になるに従い顎の骨はだんだん固くなっていきますので、歯の動きが遅くなる(治療期間がやや長くなる)。
2:歯を抜いて矯正する可能性がやや高くなる。(顎の骨の成長が終了しているため)。

※メリットもあります!
子供と違って自分から治そうという意思をお持ちですから、皆さん非常に協力的です。歯が正しい位置に動いていく様子に興味が増し、より積極的になられるようです。歯の動きは多少遅くてもスムースに治療が進みます。仕上がりも当然満足のいく結果になります。


▲このページのトップへ >閉じる<