MAP

診療カレンダー

お問い合せ先

治療開始の目安

治療の流れ

健康保険がきく治療

お役立ちリンク


治療の内容をよく説明します。(インフォームド・コンセントお遵守)
すべての患者さんに平等で安心の治療費を設定します。

患者さんとのコミュニケーションを重視します。
お子さまの場合は、きちんと挨拶のできる人間に育つことをお手伝いします。

3D装置の研究・応用により、できるだけ永久歯を抜かない治療法を選びます。
抜く場合も、最小限の本数にする最新の治療法を提供します。

患者さんの年齢・学校や仕事の状況を考えて、負担の少ない最新の矯正器具を選択します。

受験や就職、結婚、出産などの大事な時期は、来院時期や治療による負担を最小限にします。

治療の途中で日本国内あるいは海外へ転居される場合、安心して治療を受けられる専門医を紹介します。

加藤裕也(歯学博士):略歴 (1957年生まれ)

1981年

日本大学松戸歯学部卒業、ポール矯正歯科センター入局

1982年

昭和大学歯科部研究生。米国ワシントン州立大学留学。

1983年

米国マサチューセッツ州Dr.Wilson(3D装置の考案者)に師事

1987年

横浜市港南区上大岡にて「加藤矯正歯科クリニック」開設

1998年

昭和大学歯学部非常勤講師(歯科矯正学)

主な資格及び役職

・日本矯正歯科学会認定医
・日本成人矯正歯科学会認定医および理事
・日本臨床矯正歯科医会 神奈川地区理事
・米国矯正歯科学会会員
・日本一般臨床医矯正研究会理事
・港南区歯科医師会理事(医療管理)

最近の主な講演

1994年10月

日本矯正歯科学会大会
演題:「外科手術を要する著しい開咬を伴う骨格性?級症例の術前矯正治療における一考察」

1995年 1月

横浜市歯科医師会 横浜デンタルショー
演題:「永久歯列期における開咬の矯正治療」

1996年10月

ベイFM
「矯正歯科の最新の治療法」についてラジオ出演

1999年 5月

東京矯正歯科学会 春季セミナー講演
演題:「過蓋咬合を伴う?級症例の混合歯列期からの対応」

2001年 1月

横浜市歯科医師会 横浜デンタルショー
演題:「矯正歯科治療における早期治療の現代的意味」

2001年 3月

神奈川県歯科医師会・港南区歯科医師会 学術講演会
演題:「矯正患者への対処法と最近の矯正治療」

2001年11月

日本大学松戸歯学部 学術講演会
演題:「最新の矯正治療法について」

2002年 4月

日本一般臨床医矯正研究会 総会
演題:「遠隔地へ転居される患者さんの今後の治療について」

主な論文

1987年 6月

「Bimetric distalizing arch(Wilson)をアングル?級傾向の成人症例に応用した二治験例」日本矯正歯科学会誌 第46巻2号

1990年12月

「限局矯正治療の諸問題(その1)」
一般臨床医矯正研究会誌 Vol.2

1991年10月

「補助装置として使用した3D Lingual Arch(Wilson)の臨床的検討」 日本臨床矯正歯科医会誌 Vol.1

1994年10月

「3Dモジュール・システムの概念と臨床」
矯正臨床ジャーナル(JOP) 第10巻、11巻

1997年 9月

「矯正学的歯の移動に対する遠赤外線照射の疼痛軽減効果について」 日本矯正歯科学会誌 第56巻1号

1999年11月

「過蓋咬合を伴う?級症例の混合歯列期からの対応」
東京矯正歯科学会誌 第9巻1号


ミオカ リスト館から当院のエントランス

落着いた雰囲気の診療コーナー

診療科目・資格

矯正歯科
顎口腔機能診断施設  詳しく…
育成・更正医療機関
日本矯正歯科学会認定医

診療時間

【平日・土曜】
午前10:30〜13:00
午後14:30〜18:45

休診日

木曜日・日曜日・祝日

住所連絡先

〒233-0002
横浜市港南区上大岡1-18-3 ミオカ リスト館7F
Tel.045-841-0122
h.kato@sirius.ocn.ne.jp

個人情報について

当院は、個人情報保護法を遵守します。 詳しく…

 

Copyright(C) 2008 Katho Orthodontic Office. All Rihgts Reserved. Web Produced COM Creative 2